Report

ECM: An Enterprise Solution for Commercial Banking Problems (JP)

ECM(エンタープライズ・コンテンツ管理)は、銀行業務のデジタル化を進める中で、積極的に取り組む必要のある分野である。
/

金融機関において、エンタープライズ・コンテンツ管理(ECM)が必要になる背景には、顧客企業との取引とその業務プロセスにおいて、大量の書類を管理しなければならないという現実がある。顧客企業からのカスタマー・エクスペリエンスやオンボーディングに関する期待値が高まる中、どの金融機関もデジタライゼーションやモダナイゼーションの真っただ中にある。ECM ソリューションを適切に導入/活用できれば、カスタマー・エクスペリエンスの向上/オンボーディングの迅速化/不正防止に対する社内情報の有効活用など、様々な課題の改善につながるだろう。

本レポートでは、コマーシャル・バンキング業務での ECM 活用に関して2つの分野に注目した。一つは、レンディングなど一部門内でのデータ活用であり、もう一つは、カスタマー・エクスペリエンス向上などを目指して、銀行内の各部門間で ECM を横断的に活用してデータ共有を進めるアプローチである。執筆にあたっては、2023年第3四半期に実施した中堅/大企業1,037社を対象とした調査データと、2023年第1四半期に実施した米国を拠点とする中小企業1,006社を対象とした調査のデータを活用するとともに金融機関やベンダーとの対話から得られた情報を加味した。

弊社 Commercial Banking & Payments service をご契約のお客様は、本レポートをダウンロード頂けます。

Related Content

Get Summary Report

"*" indicates required fields

Name*
This field is for validation purposes and should be left unchanged.