Report

Mule Activity: Find the Mules and Stop the Fraud (JP)

資金を不正に受け渡すためのミュール活動が活発化している。どこの金融機関にもミュール口座が潜んでおり、手口はますます巧妙化している。
/

Boston, April 28, 2020 –「マネー・ミュール」とは、金融詐欺やサイバー犯罪グループが、資金を受取るためだけに活用している人/口座を言う(オレオレ詐欺の受け子と同様)。不正に入手した資金を秘密裏に移動させることは犯罪グループの生命線であるが、金融機関の多くは、ミュール活動と疑われる動きをどのようにして把握すべきか、また、どこまで管理するべきか明確な方針を出しかねている。

一方、身元確認ソリューション・ベンダーやベンダーと金融機関/業界団体の共同ネットワーク/コンソシアムが、ミュール活動の発見/阻止に有望な仕組みの開発を進めている。

本レポートでは、米国と英国の金融機関におけるミュール活動阻止に向けた取組みをまとめるとともに、阻止行動を推進しなかった場合の影響を検証する。執筆にあたっては、2019年6月から2020年3月にかけて、米国金融機関上位40銀行のうち22行、および英国大手銀行4行の不正防止担当部門にインタビューを行うとともに、この分野のベンダーとのディスカッションを実施した。

本インパクトレポートには図10点と表3点が含まれます(全28ページ)。アイテ・グループのFraud & AMLセグメントをご契約のお客様は、本レポート、チャートおよびエグゼクティブ・インパクト・デッキをダウンロードいただけます。

本レポートはAgari, Acxiom, BAE Systems, BehavioSec, BioCatch, Boku, buguroo, Dragnet Solutions, Duality Technologies, Early Warning Services, Ekata, Emailage, Equifax, Experian, Featurespace, Feedzai, FIS, Gemalto, GIACT, IBM Trusteer, ID Analytics, ID Insight, IdentityMind, IDology, InAuth, LexisNexis Risk Solutions, Neustar, NICE Actimize, NuData Security/Mastercard, OneSpan, Payfone, Quantexa, RSA Security, SecuredTouch, Simility, Socure, TransUnion, TrustID, Vocalink/MastercardおよびZumigoに言及している。

Related Content

Capital Markets Emerging Fintech Spotlight: Q4 2023 (JP)

当レポートでは、資本市場参加者に対して、これまで存在しなかった新しい機能/サービスを提供するフィンテック企業4社を取り上げた。

Datos Insights Matrix: Front-to-Back Platforms (JP)

機関投資家/アセット・マネジメント企業/ヘッジファンドなどバイサイド企業は、フロント・オフィスからバック・オフィスまで全体をカバーする統合ソリューションへの注目を高めている。

Meeting the Credit Needs of Women- and Minority-Owned SMBs (JP)

米国のスモール・ビジネスの24%が女性所有、26%がマイノリティ所有であり、これら経営者のニーズに注目することは、金融機関の融資事業拡大につながる。

Get Summary Report

"*" indicates required fields

Name*