Report

Treasury Market Revamp Postponed: Missed Opportunity or Bullet Dodged? (JP)

米国債券市場改革の延期は、吉と出るか凶と出るか:米国債取引に関する中央清算機関(CCP)利用の義務付け
/

25兆米ドル規模を誇る米国債市場では、毎日7,500億米ドルの取引が実施されているが、中央清算機関利用の義務付けという大変革が起ころうとしている。コロナ・パンデミックによる市場動揺に際し、米国債券市場でも過大なボラティリティが何度か発生し、規制当局はその矢面に立たされた。ただその改革案が更なる混乱を招く可能性もある。

本レポートでは、現在の米国債券市場の状況を生み出した原因と規制見直しが市場を好転させるか/阻害するかの可能性、また様々な参加者に対する規制見直しのメリット/デメリット、そしてそのコストを分析した。本編は、筆者の視点/洞察/意見に加え、キャピタル・マーケッツ・チーム・メンバーからのインプットと債券市場に関する継続的な調査(店頭市場/電子取引ソリューション/規制問題/市場構造のトレンド等)から得られた知見を統合したものである。

弊社 Capital Markets service をご契約のお客様は、本レポートをダウンロード頂けます。

本レポートは DTCC、FICC、ICBC、MarketAxess、SIFMA に言及しています。

Related Content

Fixed Income and OTC Derivatives Trading, Q3 2023: Behind the Numbers (JP)

米国のクレジット市場は、パンデミック後にプライマリー・ディーラーがネット・ポジション縮小していることから、更なるプレッシャーを受けている。

Fixed Income EMS, Part 2: The New Vendor Landscape (JP)

債券取引向けEMS(Execution Management System)ソリューション最新事情(Part2): 2023年は新たな展開の年になりそうだ。

Innovations in Execution Venues: Looking to Reignite Market Growth (JP)

金融取引執行べニューのイノベーション:再活性化方策を探る キャピタル・マーケットのイノベーションは、いつも不確実性の中から生まれてきた。

Get Summary Report

"*" indicates required fields

Name*
This field is for validation purposes and should be left unchanged.