Report

Fixed Income and OTC Derivatives Trading, Q3 2023: Behind the Numbers (JP)

米国のクレジット市場は、パンデミック後にプライマリー・ディーラーがネット・ポジション縮小していることから、更なるプレッシャーを受けている。
/

マクロ経済面でのネガティブな要因(急激なインフレ/FRBの積極的な利上げ/景気後退の懸念など)が重なり、債券市場はこれまでで最も大きな変動期を迎えているようだ。FRBが利上げ姿勢を堅持する中、債券投資家は痛みを感じ続けている。市場が不安定であるほど、市場の動向に注目する必要性がこれまで以上に高まっている。

本レポートは、米国の店頭債券市場/店頭デリバティブ市場に影響を与える様々な要因を調査するレポートシリーズの第六弾となる。執筆にあたっては、市場参加者へのインタビューに加え、公開されている取引データや第三者の統計データに対して定量的/定性的分析を行なうとともに、独自の推計を行い、債券市場の現在および将来像を解説した。

弊社 Capital Markets service をご契約のお客様は、本レポートをダウンロード頂けます。

本レポートでは、BGC Partners、Bloomberg、FIA、GFI Group、LatAm SEF、NEX Group、SIFMA、Tradeweb、Tradition Group、Tullet Prebon ICAP に言及しています。

Related Content

Fixed Income and OTC Derivatives Trading, H1 2023: Behind the Numbers (JP)

債券/店頭デリバティブ取引に関する最新動向:最近の債券市場における「売り」は過去40年間で最大であったと考えられている。

Fixed Income EMS, Part 2: The New Vendor Landscape (JP)

債券取引向けEMS(Execution Management System)ソリューション最新事情(Part2): 2023年は新たな展開の年になりそうだ。

Fixed Income and OTC Derivatives Trading, Q1 2023: Behind the Numbers (JP)

債券・OTC デリバティブ取引市場:2023年第1四半期の動向
OTC 債券取引市場は、電子化の進展/コロナ・パンデミックとそれに伴う経済環境の変化/インフレと連邦準備銀行の施策などの影響を受け、大きな変貌を遂げている。

Get Summary Report

"*" indicates required fields

Name*
This field is for validation purposes and should be left unchanged.