Report

Fixed Income and OTC Derivatives Trading, H1 2023: Behind the Numbers (JP)

債券/店頭デリバティブ取引に関する最新動向:最近の債券市場における「売り」は過去40年間で最大であったと考えられている。
/

店頭債券市場では、電子取引が急速に普及する中、そのワークフローも大きな変貌を遂げてきた。昨今、世界的な紛争やインフレ、連邦準備制度理事会(FRB)の積極的な姿勢などが債券市場全体の低迷を招き、米国経済は景気後退の可能性もある。FRBが利上げを継続する中、債券市場の投資家は痛みを感じ続けている。

本レポートは、米国の店頭債券/デリバティブ市場に影響を与える重大な要因を解説するシリーズ第5弾である。執筆にあたっては、市場参加者へのインタビュー/公開取引データの活用/データス・インサイツ独自の推計/第三者機関による統計などによる、定性的・定量的データを活用した。

弊社 Capital Markets service をご契約のお客様は、本レポートをダウンロード頂けます。

本レポートでは、BGC Partners、Bloomberg、FIA、GFI Group、LatAm SEF、NEX Group、SIFMA、Tradeweb、Tradition Group、Tullet Prebon ICAP に言及している。

Related Content

Fixed Income and OTC Derivatives Trading, Year-End 2022: Behind the Numbers (JP)

債券取引/店頭デリバティブ取引最新動向 債券市場は、2022 年末時点において、マクロ経済の様々なマイナス要因の影響を受け、近年まれにみる芳しくない状況にある。  

Get Summary Report

"*" indicates required fields

Name*
This field is for validation purposes and should be left unchanged.