Report

Datos Insights Matrix: Behavioral Biometrics and Device Fingerprinting Solutions (JP)

ビヘイビア・バイオメトリクス(行動的生体認証)/デバイス・フィンガープリンティングは、ユーザーを認証し不正の可能性を検出するソリューションとして注目が高まっている。
/

ビヘイビア・バイオメトリクス(行動的生体認証)とデバイス・フィンガープリンティングは、異なる時期に登場した別々のテクノロジーであったが、昨今、両者を統合して単一ソリューションと考えるようになった。この統合ソリューションの最大のメリットは、バックグラウンドで作動し、エンドユーザーが気が付かないパッシブ認証である点だ。そのため強力な不正検知と高いユーザー・エクスペリエンスの提供が可能になっている。

本レポートでは、ビヘイビア・バイオメトリクス / デバイス・フィンガープリンティングソリューション・ベンダー10 社(Accertify、BioCatch、Callsign、DataVisor、Feedzai、LexisNexis Risk Solutions、Mastercard (NuData)、Sardine、ThreatMark、XTN Cognitive Security)の総合力を、「ベンダーの企業としての安定性」「顧客ベース」「製品の機能」「クライアント・サービス」の視点から評価した。

Datos Insights の Fraud & AML サービスのお客様は、このレポートをダウンロード頂けます。

本レポートでは、Addi、Adobe、Affirm、AirAsia、Airbase、Al-Rajhi、American Express、Arkose Labs、Barclays、Blackhawk Network、Bill.com、Block、Blockchain.com、Booking. com、Brex、CaixaBank、Cajamar、Capital One、Capitec、Cheseapeake Bank、Chime、Citi、DropBox、Ekata、Electronic Arts、Entersekt、F5、First Bank of Colorado、GitHub、Honey、HSBC、Intuit、Itau、The Knoble、KutxaBank、Lloyds、Microsoft、Motion Auto、NASA FCU、National Australia Bank、Nedbank、Neo Financial、 NeuroID、Novo、OpenAI、OppFI、Paygilant、PayPal、PLUSCARD、Prove、Raiffeisen、RELX、Revelock、Roblox、シンガポール航空、Snap、ソニー・インタラクティブ、Square、SurfPay、Standard Bank Group、Task Rabbit、Tenpo Fintech Chile、Telecom Argentina、TransUnion、Twilio、Union Digital、Visa、X、ZeePay に言及している。

Related Content

Global Behavioral Biometric and Device Fingerprinting: Market Overview (JP)

認証ソリューションに関するグローバル・トレンド概況:認証に対する不正が巧妙になり件数も増加する中、当局の規制も強化されている。これらを背景に、ビヘイビア・バイオメトリクス/デバイス・フィンガープリンティング認証の導入が増加している。

Faster Payments, Faster Fraud: Solutions to Stop the Madness (JP)

ファースター・ペイメントの普及は、犯罪者にとっても「新たな機会」:悪循環を断ち切るソリューション
金融機関の77%が、今後12年のうちにリアルタイム・ペイメントに対する不正対策をレベルアップする予定である。

Top 10 Trends in Fraud & AML, 2023: Taking on Today’s Challenges for a Secure Tomorrow (JP)

金融機関は、進化をづづける金融犯罪に対して、イノベーション/自動化/データ活用などを使った取り組みを強化している。  

Get Summary Report

"*" indicates required fields

Name*
This field is for validation purposes and should be left unchanged.