Report

Advancing Token Provisioning Authentication: A Complex Calculus (JP)

トークナイゼーションを活用したカード認証の進化
複雑な認証の仕組みを適切に導入することが、カード不正に対する戦いの成否を分けるだろう。  
/

December 15, 2022 – カード番号のトークナイゼーションは、CNP不正を防止するための有効な手段だと考えられている。VISAとMastercard、トークナイゼーションを活用した決済の一部に関して、2023年よりライアビリティ・シフトを実施すると発表している。

本レポートでは、今後予定されているカード決済ルールの変更に対するカード発行者/小売事業者/プロセッサーの意見をまとめ、併せて提言を行った。執筆にあたっては、20226月から10月にかけ、北米のカード発行者/大手小売事業者/アクワイアラー/カード・ネットワークに対するヒアリングを実施した。

弊社 Retail Banking & Payments 或いは Fraud & AML serviceをご契約のお客様は、本レポートをダウンロード頂けます。

Related Content

The First-Party Fraud Conundrum: How to Protect Financial Institutions and Merchants

First-party fraud chargebacks hurt FIs and merchants.  

The E-Commerce Fraud Enigma: The Quest to Maximize Revenue While Minimizing Fraud

Fifty-two percent of merchants say that they ultimately approve more than 70% of the transactions they manually review.  

Card Payment Tokens: When Good Tokens Go Bad

Tokenization provides a level of protection against the usage of breached payment card data and the inconvenience associated with reissuing a card number.

Get Summary Report

"*" indicates required fields

Name*
This field is for validation purposes and should be left unchanged.