Report

Wealth Management Fintech Spotlight: Retirement Planning Vendors (JP)

リタイヤメント・プランニングをデジタル化するに際し、フィナンシャル・アドバイザーには多様な選択肢がある。
/

「退職」をファイナンシャル・プランニングの視点で考えると、「資産構築」から「資産引出し」への転換点と捉えることができる。これは、ファイナンシャル・アドバイザー(FA)にとってはサービス内容を大きく変更することを意味し、これまでの投資戦略中心からキャッシュフロー重視へと切り替えなければならない。マネッジド口座顧客が「退職後」を意識し始めた10年程前から退職プランニング・ツールが登場し、この分野のサービス強化を考えるFAがその成長/新規参入を後押ししてきた。

「Wealth Management Fintech Spotlight」では、フィナンシャル・プランニング分野における有力なフィンテック企業をご紹介する。本レポートでは、ユニークなセールス・ポイントを持つフィンテック企業9社(Covisum、eMoney、Envestnet/MoneyGuide、IncomeConductor、Income Discovery、Income Lab、NaviPlan、NewRetirement、RightCapital)をカバーした。

弊社 Wealth Management service をご契約のお客様は、本レポートをダウンロード頂けます。

本レポートでは、iVante、Albridge (BNY Mellon)、Axos Advisor Services、Black Diamond (SS&C)、BridgeFT、ByAll Accounts (Morningstar)、Charles Schwab、Edward Jones、Fidelity Institutional、Figlo、Healthpilot、HealthView Services、InvestCloud、Mercer Advisors、Plaid、Raymond James、Redtail (Orion Advisor Solutions)、SEI、XY Planning Network (XYPN) に言及している。

Related Content

Consumer Clarity: Seamless Merchant Interactions Through Innovative App Features (JP)

消費者は、金融機関が提供するバンキング・アプリに、決済機能と小売事業者とのやり取り機能が組み込まれることを期待している。

Cross-Border P2P Payments: Money Knows No Boundary (JP)

個人間の国際送金に関し、消費者は「送金手段に対する信頼感が最も重要」と考えている。

ERP Banking FAQ (JP)

金融機関が提供するコーポレート・バンキング・サービスは、ERP とAPI接続することで大きな変革を遂げるかもしれない。

Get Summary Report

"*" indicates required fields

Name*
This field is for validation purposes and should be left unchanged.