Report

Surveillance Monitoring Market Overview: Seeking Innovative Lenses to Tackle Multiple Fronts (JP)

現在金融機関が実施している取引監視対策では、取引の全体像を把握することが次第に困難になっており、革新的なアプローチの導入が必要である。
/

現在広く実施されている金融商品別/市場別/コミュニケーション・チャネル別などにサイロ化された取引監視モデルでは、複数の取引所やアセットクラスをまたがる取引の透明性確保/可視化という課題への対応が難しい。金融機関は、ベンダーが提供する最新の取引監視ツールを評価する必要性がある。自社で俯瞰的なモニタリングを実施するソリューションを構築することはリスクが高い。

本レポートでは、トレード/取引市場/通信手段/暗号通貨/コモディティに関する監視モニタリングに関する最新動向をまとめた。執筆にあたっては、監視ソリューション分野のテクノロジー・ベンダー12社から提供頂いた情報/市場参加者へのインタビュー/製品デモをベースに弊社の経験に基づく分析結果を加えた。

弊社 Capital Markets service をご契約のお客様は、本レポートをダウンロード頂けます。

本レポートでは、Bloomberg L.P. (Bloomberg), b-next, Chainalysis, Eventus Systems (Eventus), FIS, Intellect Design Arena, ION, Nasdaq, NICE Actimize, OneMarketData LLC (OneTick Trade), SteelEye に言及している。

Related Content

Top 11 Use Cases for AI in Capital Markets (JP)

資本市場でAIが活用される11分野:キャピタル・マーケッツにおけるAIの役割は次第に拡大しているが、生成系AIの登場により、その注目度が更に高まり新しい分野での導入が加速している。

DLT and Securities Processing: The Evolution of Operating Models (JP)

分散台帳技術(DLT)と証券ポストトレード処理:業務モデルの進化 分散台帳技術を使った様々なビジネス・モデルが登場しているが、それぞれ独自の市場インフラを必要としている。  

Aite Matrix: Intelligent Trade Surveillance (JP)

大手金融機関においてもトレード監視の仕組みや体制は「最適」とはいい難く、結果、企業は、財務面やレギュレーション面、更にはレピュテーションの面においてリスクにさらされている。

Get Summary Report

"*" indicates required fields

Name*
This field is for validation purposes and should be left unchanged.