Report

New SEC Market Structure Proposals: Dead on Arrival? (JP)

SEC は、昨年発表した市場構造改革案で様々な問題を提起しているが、市場参加者の評判はかならずしも芳しくない。
/

2022年12月、SECは四項目からなる新たな市場構造案を発表した。そこでは「米国株式市場は個人投資家を犠牲にする業界慣行の上に成り立っている」として、その負の側面を浮き彫りにした。市場参加者は、強固な市場構造の重要性を深く認識しているが、このSEC改革案に対しては厳しい評価を下している。

本レポートでは、SECが発表した新市場構造改革案を解説するとともに、提案各項目の長所/短所の分析とSEC案をどのように導入すべきかの提言、更に規制遵守のためのコスト予想を行った。執筆にあたっては、大手ブローカー・ディーラー/資産運用会社/ヘッジファンド/取引べニュー/トレーディング・システム・ベンダーへのインタビューを実施した。

弊社 Capital Markets service をご契約のお客様は、本レポートをダウンロード頂けます。

Related Content

Consumer Clarity: Seamless Merchant Interactions Through Innovative App Features (JP)

消費者は、金融機関が提供するバンキング・アプリに、決済機能と小売事業者とのやり取り機能が組み込まれることを期待している。

Cross-Border P2P Payments: Money Knows No Boundary (JP)

個人間の国際送金に関し、消費者は「送金手段に対する信頼感が最も重要」と考えている。

ERP Banking FAQ (JP)

金融機関が提供するコーポレート・バンキング・サービスは、ERP とAPI接続することで大きな変革を遂げるかもしれない。

Get Summary Report

"*" indicates required fields

Name*
This field is for validation purposes and should be left unchanged.