Report

Instant Payments in the U.S.: How to Seize the Opportunity (JP)

米国では、50% 以上の企業が既に即時決済(インスタント・ペイメント)を活用している。
/

米国では、即時決済(インスタント・ペイメント)のニーズは非常に高まっているが、まだサービス提供を躊躇している銀行もある。こうした金融機関は、大きな事業機会を失う場に直面しているが、今すぐ決済戦略を構築し投資することができれば、今後の決済量増加という市場ダイナミックスを享受することができるだろう。これは企業規模やデジタル・トランスフォーメーションのどの段階にあるかにかかわらず、あらゆる金融機関に当てはまると考える。

本レポートは、米国におけるインスタント・ペイメントの最新事情を理解したい金融機関を念頭に、その需要の高まり/主要ユースケース/価格設定/技術的な課題と選択肢などについてについて解説した。執筆にあたっては、弊社が昨年度に実施した2つのアンケート調査を活用している。

(1)2023年第3四半期に北米/欧州/アジア計11カ国の中堅/大企業の財務部門1,037人を対象に実施したにオンライン調査

(2)2022年第4四半期から2023年第1四半期にグローバル金融機関108行の決済/商品部門に対するアンケート調査

弊社 Commercial Banking & Payments service をご契約のお客様は、本レポートをダウンロード頂けます。

Related Content

Real-Time Payments: Growth and Use Cases Looking Into the Future (JP)

リアルタイム・ペイメントは世界規模で普及が進み、新たな活用方策も登場している。

Payments Modernization and Technology: Priorities, Challenges, and Partnerships (JP)

決済のモダナイゼーションとテクノロジー: 優先順位/課題/パートナーシップ 世界各地の金融機関にとって、決済手段のモダナイゼーションは、避けて通れない重要な課題である。  

The Forces Disrupting Payments: How Bank-Fintech Collaboration Could Slow Disintermediation (JP)

決済サービスの強化には、フィンテック企業とのコラボレーションが効果的
ペイメント分野における企業ニーズの変化が早まる中、金融機関とフィンテック企業が共同して取り組むことで良い結果を生み出すだろう。  

Get Summary Report

"*" indicates required fields

Name*
This field is for validation purposes and should be left unchanged.