Report

Fraud Organizational Structures: Progressing Toward a Holistic Financial Crime Corporate Strategy (JP)

金融機関では、金融犯罪対策を企業戦略の一部としてとらえ、その組織体制を再考する必要性が認識されはじめている。
/

金融機関は、企業目標に沿った金融犯罪対策部門を構築するため、斬新なアプローチを試みている。不正対策を企業戦略レベルに引き上げるとともに、どのように事業部門と連携するかを検討しつつスケーリング可能な仕組みの導入し、更に自社の真剣な姿勢を当局や取引先へ示そうとしている。

本レポートでは、金融機関が、金融犯罪対策強化のためにどのように体制を構築したか/変更を検討しているか、その傾向を調査し、併せてその背景にある課題をまとめた。執筆にあたっては、2023年5月から6月に米国金融機関のの不正対策部門責任者16人を対象としたヒアリングを実施、その現状と今後の方向性を把握した。

弊社 Fraud & AML service をご契約のお客様は、本レポートをダウンロード頂けます。

Related Content

Trends in Fraud for 2023 and Beyond: Everything Old Is New Again (JP)

2023年からの金融不正トレンド:古い手口が再び登場
犯罪者は、消費者の心理につけこむ方法(ソーシャル・エンジニアリング)で詐欺を重ねている。  

Enterprise Identity Management: Evolving Aspirations and Improved Collaboration Are Transforming the Discipline (JP)

金融機関における顧客情報管理(Enterprise Identity Management):現状と今後
金融機関は、顧客情報管理に関する全社的な取り組み(ポリシー/業務プロセス/ITインフラなど)が必要なことを認識し、その歩みを進めている。

Get Summary Report

"*" indicates required fields

Name*
This field is for validation purposes and should be left unchanged.