Report

Datos Insights Vendor Guide: API Security Solutions (JP)

APIの脆弱性を悪用した不正侵入により、10億件以上のデータが漏洩している
/

犯罪者はAPIの脆弱性を悪用する方法を探し続けており、1999年以来、API に関連した3600件もの脆弱性が報告されている。2023年に入ってからは、4月時点で342件もの API 関連の脆弱性が Common Vulnerability Enumeration データベースに登録されており、2023年は残念な記録を更新しそうだ。API は、アプリケーション開発チームに大きな可能性を与える一方、潜在的に大きな脆弱性をもたらしている。

本レポートでは、「ベンダー各社の企業としての安定性」「優良顧客を獲得しているかどうか」「製品の機能」「クライアント・サービス」の視点からAPIセキュリティ・ソリューション・ベンダー4社(Cequence Security、FireTail Inc.、Salt Security Inc.、TeejLab Inc.)の総合的な競争力を評価した。

弊社 Cybersecurity service をご契約のお客様は、本レポートをダウンロード頂けます。

本レポートでは、42Crunch, Advent International, Akamai, Akto.io, Alkeon, CapitalG, American Federation of Information Processing Societies, Apigee, Cloud Security Alliance, CloudVector, Curity, Data Theorem Inc., Dell Technologies Capital, DFJ Growth, F5, General Advance, Ghost Security, Google, Gravitee.io, Icon Ventures, Impart Security Inc., Imperva, KPN Ventures, LinkedIn, Menlo Ventures, Metlo, National Institute of Standards and Technology, Neosec, Noname Security, Open Web Application Security Project, Optus, Orca Security, Paladin Capital Group, Peloton, S Capital VC, Salesforce, Secure Octane, Sequoia Capital, Telstra Ventures, Tenaya Capital, Texas Department of Insurance, ThreatX, T-Mobile, T-Mobile Ventures, Traceable.AI, Twitter, Wallarm, Wib Security, Y Combinator, Zscaler Inc に言及しています。

Related Content

Web Application and API Protection (WAAP): Market Landscape and Product Deep Dive (JP)

WAAP(Web Application and API Protection)市場の概況と主要ベンダー
WAAPソリューションは、これまでのWAF(Web Application Firewall)市場とAPIセキュリティ市場を大きく塗り替えようとしている。

API Security: Market Landscape (JP)

API セキュリティ入門 システムの不正侵入に API を狙う犯罪者が増加している。  

Get Summary Report

"*" indicates required fields

Name*
This field is for validation purposes and should be left unchanged.