Report

Datos Insights Matrix: Front-to-Back Platforms (JP)

機関投資家/アセット・マネジメント企業/ヘッジファンドなどバイサイド企業は、フロント・オフィスからバック・オフィスまで全体をカバーする統合ソリューションへの注目を高めている。
/

バイサイド企業のFront-to-Backプラットフォームへの支出は、2022年時点でグローバル合計で23億7,000万米ドルを超えた。バイサイド各社は、これまで業務毎のソリューションを組み合わせて利用していたが、単一プロバイダーによる統合ソリューションのメリットに着目しており、その需要が高まっている。

本レポートでは、バイサイド向け統合ソリューション・ベンダー19社(Adenza、Aladdin、Bloomberg、Broadridge、Enfusion、Finastra、Fundamental Software、JUMP Technology、LightPoint Financial Technology (LightPoint)、Linedata、Murex、NeoXam、Numerix、Ridgeline、S&P Global Market Intelligence、SimCorp、SS&C Technologies (SS&C Aloha)、SS&C Technologies (Eze-Geneva Platform)、State Street Corporation (State Street Alpha))の総合力を「ベンダーの企業としての安定性」「顧客ベース」「製品の機能」「クライアント・サービス」の視点から評価した。

弊社 Capital Markets service をご契約のお客様は、本レポートをダウンロード頂けます。

本レポートでは、HUB、LightPoint、NeoXam、Numerix、SS&C Technologies (Aloha) に言及しています。

Related Content

The Good, the Bad, and the Evolution of Managed Data Services (JP)

データ・マネジメントに関するアウトソース・サービス:ローコストは最低条件であり、充実したサービスが提供されなければ顧客獲得はむずかしい。

Front-to-Back-Office Systems and Custody Partnerships: Who Benefits? (JP)

バイサイド企業では、アウトソーシング活用の機運が高まり、またベンダーもソリューションを充実させようとしている。そこには、使いやすいデータ交換ネットワークを構築してアウトソーサー間で連携しようとするアプローチと、BPOフルサービスを提供する動きがあるように思われる。

Front-to-Back Portfolio Management Systems AIM: A Tale of Consolidation (JP)

ポートフォリオ管理システムは、今後ともバイサイド企業のコア・プラットフォームである

Get Summary Report

"*" indicates required fields

Name*
This field is for validation purposes and should be left unchanged.