Report

Trends in Fraud in the Digital Channel (JP)

デジタル・チャネルでの不正は「活況状態」にある。
/

米国では、社会のデジタライゼーション(DX)が早いペースで進んでおり、犯罪者もデジタル・チャネルへの傾注を強めている。加えて経済の不透明感や過去最高水準の個人情報盗難/データ漏洩がある。企業は不正防止フレームワークの刷新に苦慮する中、投資を進めるにあたっては、優先順位の考え方にいくつかのパターンがあることが浮かび上がってきた。

本レポートでは、デジタル・チャネルにおける2種類の不正行為(口座乗っ取りと、Authorized payment fraud scams(オレオレ詐欺のように)被害者が騙されて正規に送金してしまう行為)に関し、金融機関の管理体制のパターンと追加投資の優先順位付けに影響を与える要因を考察した。執筆にあたっては、2023年7月から10月にかけ、北米の金融機関の不正防止担当部門13社(資産規模70億米ドルから1兆米ドル規模)へのインタビューを実施した。

弊社 Fraud & AML service をご契約のお客様は、本レポートをダウンロード頂けます。

本レポートは Identity Theft Resource Center について言及しています。

Related Content

On the Frontier of Scam Detection: Boldly Going Where No One Has Gone Before (JP)

金融詐欺犯罪の自動検知最前線:前人未踏の分野
詐欺検出システムの設計目標は、不可能を可能にすることである。  

Trends in Fraud for 2023 and Beyond: Everything Old Is New Again (JP)

2023年からの金融不正トレンド:古い手口が再び登場
犯罪者は、消費者の心理につけこむ方法(ソーシャル・エンジニアリング)で詐欺を重ねている。  

Get Summary Report

"*" indicates required fields

Name*
This field is for validation purposes and should be left unchanged.