Report

The Check Fraud Revival: Understanding Vulnerabilities and Defenses (JP)

米国では、小切手に関する詐欺が復活の兆しを見せており、金融業界は小切手不正の防止に関する新たなアプローチやソリューションを検討し始めた。
/

デジタル決済の増加とオンライン・セキュリティが強化されたことにより、(相対的に脆弱性がある)小切手に関する不正が急増、金融機関は小切手詐欺を検知する新たなソリューションの検討を開始している。小切手詐欺の増加とともに金融機関の損出も増加しており、その検知や調査に割く人的ワークロードも無視できないレベルとなっている。

本レポートでは、小切手不正をタイプ別に分類するとともに、それに対処するためのコントロール・フレームワークの概要を説明する。執筆にあたっては、2022年9月に開催された金融犯罪・サイバーセキュリティ・フォーラム参加者34名へのヒアリング調査に加え、継続的に実施している業界動向調査からの知見を加味した。

弊社 Fraud & AML service をご契約のお客様は、本レポートをダウンロード頂けます。

本レポートでは、Carreker、DataVisor、Featurespace に言及しています。

Related Content

Datos Insights’ Sixth Annual Financial Crime & Cybersecurity Forum: Fortifying Defenses for a Secure Tomorrow (JP)

第6回金融犯罪サイバーセキュリティ・フォーラム報告(金融犯罪編):様々なリスクの変化/進化に国際情勢の不安定化が加わり、金融犯罪対策は、これまで以上に強固な防衛策と情報共有、対策コストに関する更なる工夫が求められる。

Consortium Data Sharing: A Valuable Tool in Fighting Fraud and Abuse (JP)

コンソーシアムによるデータ共有: 金融不正に対抗できる有益なツール
金融機関や小売事業者が他社とデータを共有することで、金融不正の摘発強化やカスタマー・エクスペリエンスの向上、更にはビジネスの拡大が見込める。

Trends in Fraud for 2023 and Beyond: Everything Old Is New Again (JP)

2023年からの金融不正トレンド:古い手口が再び登場
犯罪者は、消費者の心理につけこむ方法(ソーシャル・エンジニアリング)で詐欺を重ねている。  

Get Summary Report

"*" indicates required fields

Name*
This field is for validation purposes and should be left unchanged.