Report

Financial Fraud Rising: Key Strategies to Combat Sophisticated ATO Attacks (JP)

サイバー犯罪者は攻撃の手口を常に進化させており、攻撃を受ける企業の側も高度な対抗策を講じる必要がある。
/

Boston, October 8, 2020 – 世界的なパンデミックにより、商取引の手段が短期間で劇的に変化した。銀行や小売業では、対面取引の多くがデジタル・チャネルへ移行、オンライン/モバイル・チャネルの利用が急増している。これは、組織的犯罪グループにとっては、自動化ツールで攻撃できる領域(アタック・サーフェス)が拡大したことを意味する。攻撃を受ける金融機関や小売事業者は、ユーザー・エクスペリエンスを損なうことなく、クレデンシャル・スタッフィング攻撃やAPI攻撃を検出できるテクノロジーを早急に導入する必要がある。

本レポートは、F5社からのサポートを得て、サイバー攻撃への対処とシームレスな顧客エクスペリエンスを両立させるための課題を解説するとともに、両者のバランスを確保するための解消策に言及する。

アイテ・グループのFraud & AMLセグメントをご契約のお客様は、本インパクトブリーフ(全9ページ)をダウンロードいただけます。本インパクトブリーフに掲載されたトピックの詳細につきましては、[email protected]までお問い合わせください。.

Related Content

Consumer Clarity: Seamless Merchant Interactions Through Innovative App Features (JP)

消費者は、金融機関が提供するバンキング・アプリに、決済機能と小売事業者とのやり取り機能が組み込まれることを期待している。

Cross-Border P2P Payments: Money Knows No Boundary (JP)

個人間の国際送金に関し、消費者は「送金手段に対する信頼感が最も重要」と考えている。

ERP Banking FAQ (JP)

金融機関が提供するコーポレート・バンキング・サービスは、ERP とAPI接続することで大きな変革を遂げるかもしれない。

Get Summary Report

"*" indicates required fields

Name*
This field is for validation purposes and should be left unchanged.