Report

2020 FX Market Worldview: Trading in Unprecedented Times (JP)

FX市場における英国の一日平均出来高(ADV)は、2019年末現在、全世界の43%を占めており、これは2009年と比べ約57%増となっている。  
/

London, 19 November 2020 – 2020年3月のコロナ・パンデミック発生により、多くの業界が在宅勤務へ移行したが、同時に金融トレーディングの出来高は天井知らずに増加した。この経験が教えてくれたことは、使いやすくトレーディング・ボリュームの急激な変化にも耐えられるスケーラブルなプラットフォームこそが、競争上の優位性をもたらすということである。と同時に、未曾有のボラティリティと不確実性の中においては、技術の進歩と自動化が大きなメリットをもたらしたFX取引においても、人間同士のコミュニケーションと判断が依然として重要であることがあらためて認識された。

本レポートでは、地域別/FX関連の商品別/市場参加者のタイプ別にみた一日平均出来高(ADV)の変化や、FX市場の自動化動向とトレーダーが持つスキルセットの「今後の価値」など、様々なテーマに触れつつ、米ドルの将来について客観的な観察を行った。執筆にあたっては、FX市場参加者20名余にインタビューを実施、併せて、公開情報も活用した。

本インパクトレポートには図21点と表2点が含まれます(全38ページ)。アイテ・グループのInstitutional Securities & Investmentsセグメントをご契約のお客様は、本レポート、チャートおよびエグゼクティブ・インパクト・デッキをダウンロードいただけます。

本レポートは360T, Bank for International Settlements (BIS), Bloomberg, FXallおよびFX Connectに言及している。

Related Content

Consumer Clarity: Seamless Merchant Interactions Through Innovative App Features (JP)

消費者は、金融機関が提供するバンキング・アプリに、決済機能と小売事業者とのやり取り機能が組み込まれることを期待している。

Cross-Border P2P Payments: Money Knows No Boundary (JP)

個人間の国際送金に関し、消費者は「送金手段に対する信頼感が最も重要」と考えている。

ERP Banking FAQ (JP)

金融機関が提供するコーポレート・バンキング・サービスは、ERP とAPI接続することで大きな変革を遂げるかもしれない。

Get Summary Report

"*" indicates required fields

Name*
This field is for validation purposes and should be left unchanged.